旅行・地域

2012年11月 6日 (火)

日光二荒山神社で七五三

11月4日(日)は 姉の次男の七五三をやるというので 紅葉真っ只中の日光に行ってきました

待ち合わせは午後二時日光街道を東照宮に向って行き 日光駅を過ぎたあたりから大渋滞

1時15分に日光駅の前を通過して 普段なら5分もかからないところ 

な、なんと 着いたのは2時5分・・・・・

もうくたびれたー

121104_140901

姉の長男と次男を人力車に乗せて写真などをとるらしい

121104_141701

姉と義兄も着物にはかまなんて気合がちがうね

121104_152101

写真撮影も一通り終わり 次は二荒山神社でのご祈祷

中はめちゃくちゃ冷えて 大変だった

ご祈祷も無事おわりひと段落

しかし休む暇もなく 神橋を渡ることになった

121104_154101

神橋とは 昔日光に御用邸があり(今は記念公園として一般公開しているらしい)

そこに向う際に天皇などが渡る橋で一般のひとは渡れなかったらしい

121104_154301

121104_154401

渡橋券を購入し早速渡ってみる

121104_154501

121104_154502

121104_154701

121104_155101

渡ってみたが 特別感動したとかはなかった・・・・

121104_155201

唯一 お~っと思ったのは橋の土台の石が鳥居の形をしているというところだった

121104_170801

すべてが無事に終わり やっと食事 朝 昼と何も食べなかったので

めちゃくちゃ腹が減っていた

中華屋の建物の明かりを見たときが今日一番の感動でした

2012年10月30日 (火)

鹿沼ぶっつけ祭り2日目

祭り1日目 夜中の仕事で一睡もしないまま 朝7時から夜10時までお祭りに参加

足はパンパンで明日はバックレようと考えながら 帰宅後風呂に入って 夜中12時半 30時間ぶりに

睡眠zzzzzzzzz

2日目 朝6時起床 ぜんぜん疲れが取れてない・・・

どうする? 行かないか・・ しかし従兄弟の顔をつぶすことになるし 全く関係ない会社の

同僚にも参加してもらっているので 仕方なくいくことに・・・

甥っ子を迎えに行って 甥っ子の友達を迎えに行こうとしたら 電話に出ない・・・

何度電話しても出ない・・・

ばっくれた凸(`、´X)

遅刻するわけにも行かずあきらめて会場入り

しかし足が痛くて歩けない

そんな時 今宮神社の警備に行ってくれと頼まれた

やった~ 歩かなくてすむ~

今宮神社に到着すると

121007_115401

121007_115402

な、なんと 神木が折れて 今にも隣の家をつぶしそうになってる

近づくとぎしぎし音がしている

でもここで時間をつぶそうと考えていたら すぐさま警察がきて 退散

121007_133601

また屋台に戻ることに・・・・・

この日は パレードが行われるので 休みなしで歩き続けないといけない

でもお昼前には限界をこえた・・・

足が・・・ 

今日は姉ちゃんが5歳と7歳の子供を連れてきてたので

一緒にロープを引きながらずっと歩いていた

義兄は屋台を押しているので 子供を見る暇はない・・・

でももう歩けない・・・

そんな時姉ちゃんが子供にアイスを食べようと二人をつれて買い物にいった

チャーンス

皆さんごめんなさい  トイレに行く振りをして 車に戻って寝てしまいました

121007_154401

駐車場では観光客が送迎バスを待って行列が出来ている

罪悪感と疲労と戦いながら眠りについた・・・・

何時間寝たのか 起きたら花火が上がっていた

陸さんに場所を確認して急いで屋台に戻った

ばれないように合流

それからまた何時間か歩き続けた

夜 最後のお囃子が始まった

早く終わってくれ~

そう心で叫びながらお祭りの楽しさを理解できないまま時間が過ぎるのを待った

121007_195901

この二日間助っ人らしいことは一切しておらず

義兄やハム太郎 陸さん 甥っ子の雄斗 みんなは屋台を押したけど

自分には一切回ってこなかった

本当につまらない祭りだった

こんな祭りのために3万チョいのお金を使って 衣類をそろえ 回収できたのは

昼飯と夕飯の弁当だけ

従兄弟の頼みだけど さすがにしばらくは付き合いもしたくない

さいごに

この祭りには今後一切参加いたしません

121007_200301

陸さん 雄斗の記念写真

2012年10月29日 (月)

鹿沼ぶっつけ秋祭り

しばらくブログをさぼってしまった・・・・

私はお祭りでは屋台の食べ歩きが大好き

お神輿などには一切興味なし

しかし従兄弟の頼みで嫌々ながら鹿沼のぶっつけ秋祭りの手伝いをすることになった

お手伝いをしたのは銀座1丁目

話によると20何年ぶりで警備長がまわってきたそうなので 人数が足りないとの事

そこで従業員のハム太郎と陸さん 義兄のともさん 甥っ 子の雄斗 その友達のらい君を連れて行くことに

手伝いをするのに揃えるのが ダボシャツ 股引き 腰掛 白足袋 

な、なんと一式3万チョイもした・・・・

なけなしのお金で買った・・・・(泣)

10月6日(土) 朝7時半集合

朝方までにみんなで仕事を終わらせて 一睡もしないまま自宅から1時間弱の鹿沼に到着

121006_082401

121006_084201

121006_084202

準備中・・・何をすればいいのかよくわからん・・・・

しばらくしたら写真撮影

121006_090201

この時点ですでに足が痛い・・・普段歩かないから駄目なのかも・・・

写真撮影も終わり 屋台を引くことに・・・

ベテランさん達は屋台を押して 手伝いの人たちは 屋台の周りをひたすら歩いて付いていく・・・つまらん

長い直線にさしかかったらロープが出てきて あまってる人たちが引っ張ることに

121006_104101

陸さんがつまらなさそうにロープを引いている・・・

121006_115501

女性陣は華やかだ~

121006_115601

屋台の上はいいな~ かっこいいな~

121006_115602

もう歩き疲れた・・・・

限界が近い・・・

そういえば義兄のともさん達の姿がない・・・

どこに行ったのか・・・

121006_115603

121006_143701

長いこと歩いて今宮神社に到着

ここに全部の屋台が集まるらしい

やっと観光客も増えてきた

あっ!

ともさん達がいた

観光客などの警備をやっていた

なるほど~ こういうことか~ やっと理解した

121006_143702

屋台が続々来る間自分たちは待機・・・

ながい・・・

121006_144701

朝からやってるからみんなぐったりしてる

昼食もまだ・・・・

なんか大変なことを引き受けてしまった・・・・

121006_184001

1時過ぎに昼食 そのあとなぜか4時ころまで休憩

足も眠気も限界をこえていた

夜になってお囃子のぶっつけが始まるころ

観客も多く混雑していたので 休み休みやっていた

夜9時過ぎようやく1日目が終わり

明日はバックレヨウかな~121006_193401

甥っ子たちも疲れてるみたい・・・

1日目 お祭りの楽しさが全くわからずに終了